「世界の大学ランキング」1位は米ハーバード大・・・日本は?

日記 |




中国で「世界の大学ランキング」を発表したというところが注目です。

毎年10万人の中国人が海外の大学へ進学しているということですが、

卒業後は自国へ帰って、海外で受けた教育を自国へ還元するんでしょうか。


日本の大学は世界の大学のランキングでは東大でさえ、程度が低いと

聞いたことがあります。


日本人はかつて、教育程度が高かったといいます。

江戸時代でさえ、寺子屋の普及で、識字率が世界の先進国より高かったのです。


それが、今では学力低下が著しく、「ゆとり教育」の弊害が出ています。


「勤勉」「まじめ」であることがかつて、日本では美徳でしたが、

この数十年の若者層では「勤勉」「まじめ」はダサいという位置づけ。


「勤勉な日本人」は、いまや「あの人は今」のような状態になっているのでしょうか。
Sun, 05 Aug 2007 07:54:45  PermalinkComment(0)TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

E-Mail:

URL:

Comment:

この記事へのトラックバックURL


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。